>>>誰でも簡単に毛穴の汚れを取る方法知ってる?

毛穴の汚れを取る方法まとめ!誰でも簡単に毛穴汚れは解消できる!

とても汚い毛穴の汚れ。

その汚れを簡単にとる方法はないのか。

結論から言えば毛穴の汚れを取る方法はあります。

そしてとても簡単です。

ですが毛穴の汚れを取るのには「毛穴」について知っておく必要があります。

本記事では「毛穴の汚れを取る方法についてのすべて」をお伝えしています。

ダメな毛穴対策

食用オイルでクレンジング

毛穴をきれいにする方法を調べる際、以前はグーグル検索のみが主流でしたが、それに加えSNS検索も主流になってきました。

それにともない間違った情報も多々増えてきており、情報は玉石混交状態。

自分で情報を精査しなければなりません。

その間違った情報の中でも「ココナッツオイルクレンジング」というのは、あまり意味がありません。

カリスマ的存在が「ココナッツオイルクレンジングをしたら肌が綺麗になったよ♪」と言ったら皆さん使ってしまいますよね。

たしかに、ココナツオイルでも鼻の黒ずみを解消する事ができますが、黒ずみは取れても、肌の状態を悪くしてしまう可能性があるのでやめておいた方が良いです。

ココナッツの成分は美容効果がありますが、それはココナツの成分を抽出した美容液の話。

食用のココナッツを顔になることは肌に塗るために精製されて逆効果となってしまうので注意が必要です。

ですから、ココナッツオイルでクレンジングをして鼻の黒ずみを取るのはやめましょう。

関連記事>>>ココナッツオイルでメイク落としは可能?美容効果はある?

 

クレンジングシートを乱用

クレンジングシートは水を使わないので、非常に便利ですよね。

疲れて帰宅した時はベットの上でクレンジングシートをササッと行ってそのまま寝てしまう時もあります。

しかしクレンジングシートは、とても肌に悪いですし鼻の黒ずみを解消できないのでクレンジングシートを乱用するのはやめましょう。

クレンジングシート表面のメイクを落とすことしかできません。

毛穴の中に入り込んだメイクを落とすことはもちろん、鼻の黒ずみを解消する事は不可能なのです。

クレンジングシートを使用する時は、あくまでも水が使えない場合の緊急事態のみ使用するようにしましょう。

関連記事>>>クレンジングシートは肌に悪い!メイク落としシートは使うべきではない理由

 

代用品はあくまでも代用品

上記でも説明したように、ココナッツオイルでもクレンジングをする事は可能です。

しかしクレンジングはできたとしても、美容効果や肌へのダメージが少ないと言われると、そうではありません。

ココナッツオイルや、その他クレンジングの代用品はあくまでも、その場しのぎのものですので、継続的に使用するのはやめてください。

本当に鼻の黒ずみを解消したいのであれば、しっかりとしたクレンジングを使用していくことが必要です。

 

正しいクレンジングで毛穴を洗浄

鼻の黒ずみが取れないと悩んだら

なかなか鼻の黒ずみが取れない。そのような場合には必ず原因があります。
鼻の黒ずみが取れない原因は、間違った対策をしている事がほとんど。

注意

たとえば

  • 洗顔
  • 毛穴パック
  • 綿棒
  • 不適切なオイル

これらで鼻の黒ずみを解消しようとしているのであればそれは不可能です。

このような対策をしている方は今すぐやめてください。

以下の記事では

鼻の黒ずみが取れない原因について詳しく解説しています。

 

洗顔とクレンジングの役割

洗顔はあくまでも皮脂汚れや顔についたほこりを取るためだけのもの。

いくら丁寧に洗顔をしたとしても、鼻の黒ずみを解消する事はできません。

ですからお風呂で、鼻の黒ずみ解消と謳われている洗顔フォームを使っている方は全く意味がないのでご注意ください。

  • 洗顔は表面の汚れ落とし
  • クレンジングは顔全体の汚れをリセット

このようにお考えください。

 

毛穴汚れを解消する方法

さて、ココからは具体的に毛穴汚れを解消する方法について解説していきます。

方法は簡単で、クレンジングを使用するだけで簡単に毛穴の汚れを解消する事ができるのです。

ダブル洗顔不要クレンジングで

まずおすすめしたいのがダブル洗顔不要のクレンジング。ダブル洗顔不要クレンジングは、クレンジングの後に洗顔する事がないので時短をする事ができます。

また、ダブル洗顔不要クレンジングは、美容成分を多く含まれているので、毛穴の黒ずみを解消するだけではなく、汚れを解消したらすぐさま美容成分を毛穴の奥に届けることが可能です。

これにより、美容効果があるだけではなく、肌のダメージも極限まで軽減する事ができます。

さらに忙しい日本人にはダブル洗顔不要クレンジングがとても人気です。
昨今のダブル洗顔不要クレンジングの需要により、どの会社も切磋琢磨し、常に新しく品質の良い「 W 洗顔不要クレンジング」が開発されています。

その中でもおすすめなのはリ・ダーマラボ。

リ・ダーマラボは美容成分が99.3%含まれていて美容液クレンジングともいわれています。
また、こんにゃくスクラブにより肌にダメージを与えずに強く吸着する事が可能なので、毛穴の汚れも綺麗に落とすことができるのです。

ドクターが開発したリ・ダーマラボ一度お試しください。

また、以下の記事では、メイク落としと洗顔が一緒のクレンジング、つまりダブル洗顔不要クレンジングを数種類紹介しています。

様々なクレンジングを見たいという方は以下の記事にアクセスしてください。

 

毛穴詰まり専用クレンジングで

上記では、クレンジングの後に洗顔が不要で、さらに美容成分の多いダブル洗顔不要クレンジングについて説明しました。

しかし、美容成分や肌へのダメージを度外視すると、さらに強力なクレンジングがあります。

それは、アテニアのクレンズオイル。

クレンジングの中でも最も強力なのはオイルクレンジング。
その中でもアテニアのクレンズオイルは、独自の成分により、毛穴の汚れを綺麗に落とすことができます。

また、詰まりに詰まった角栓もアテニアのオイルが浮かせてくれるので綺麗に落とすことも可能です。

また、その強力な洗浄力から顔のくすみも解消する事ができるので、一度顔の汚れをリセットしたい方はアテニアのクレンズオイルがおすすめ。

週1でアテニアのクレンズオイル

毎日のメイク落としにリ・ダーマラボ

というサイクルを繰り返していくと肌にダメージを与えず美肌を保ちながら毛穴の汚れを全て解消する事ができます。

一度強力な洗浄力を誇っているアテニアのクレンズオイルを試しください。

以下では、様々な毛穴詰まりにおすすめのクレンジングを紹介しているので併せてご覧ください。

 

スッキリ毛穴を実現したら!

さて、上記で紹介したクレンズオイルやリ・ダーマラボで毛穴汚れをしっかりと改称した後は、今後毛穴汚れを招かないように対策をしていかなければなりません。

以下では毛穴汚れを解消した後の毛穴汚れ対策について解説しています。

保湿をして防御力をアップ

毛穴汚れを解消したら、バリアを貼らなければなりません。

肌にバリアを張るのは、人間が分泌している皮脂のほかにセラミドというものもあります。

このセラミドのバリアを張ることにより、毛穴汚れを防ぐことができます。

なぜセラミドが増えると毛穴汚れを予防する事ができるのかというと、皮脂の分泌が正常化するからです。

皮脂が多く分泌される方は、肌の水分量が少ないため、体が皮脂を分泌して水分を守らなければならないと思うからです。

セラミドがある方は肌の水分量が保たれています。
肌の水分量が保たれていると、皮脂を適量に分泌してくれるので、毛穴汚れを予防する事につながるのです。

以下の記事では肌の水分量を増やす化粧水について解説していますので併せてご覧ください。

 

ライスパワーで乾燥肌を改善

セラミドが増えることで肌の水分量が増えますが、さらに効率の良いセラミドを増やす方法は、ライスパワーNo.11を使用してセラミドがグングン増える肌に育てていくことです。

ライスパワーNo.11は日本で唯一セラミドを増やすことが認められた成分。

ライスパワーNo.11を使用する事により、肌にセラミドが増え、乾燥肌を改善する事ができます。
乾燥肌を改善する事ができれば、毛穴の汚れを自然的に予防する事ができるということにつながるからです。

ライスパワーNo.11を含んでいるおすすめの化粧水はライースリペア

ライースリペアは、日本で販売されているライスパワーNo.11を含んでいる化粧水の中でも、独自のライスパワーNo.11を使用しているため、より効果的にセラミドを増やしていくことができるのです。

まとめ

毛穴を綺麗にする方法をお分りいただけたでしょうか。

毛穴を綺麗にするにはまずは原因を知り、適切な解消法を実践していくこと。

たったのこれだけで毛穴汚れを綺麗にする事ができます。

適切な解消法とは、しっかりとしたクレンジングを使用する事でしたね。

肌にダメージを与えずクレンジングしたいのであればリ・ダーマラボ。

とにかく一度肌の汚れをリセットしたいのであればアテニアクレンズオイル。

この方法でした。

毛穴の汚れが取れないという方は、一度クレンジング方法を見直し、使用するクレンジングを上記の2種類のどちらかに交換してみてはどうでしょうか。

またその後の毛穴汚れ対策として、ライースリペアを使用してセラミド増やしていく対策も怠らないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です