>>>誰でも簡単に毛穴の汚れを取る方法知ってる?

鼻の黒ずみが取れない原因!適切な鼻の黒ずみ改善方法はコレ

鼻の黒ずみってなかなか取れないですよね。

ですがそれは一般的な鼻の黒ずみ対策をしている時の話。

鼻の黒ずみは自分の改善方法次第で、綺麗にする事ができるのです。

本記事では、「鼻の黒ずみが取れない原因」と「間違った対策」「適切な鼻の黒ずみ改善方法」について解説しています。

鼻の黒ずみとは?
一般的に多くの方が悩んでいる鼻の黒ずみは、角栓、色素沈着この2種類があります。

角栓は毛穴にたまってしまった皮脂が詰まっている状態。

色素沈着は、毛穴が茶色くなってしまい、鼻の黒ずみのように見えている事を指します。

鼻の毛穴の色素沈着は、ターンオーバーにより、自然に直っていくので問題ありません。

鼻の黒ずみを作ってしまう原因

1.肌のダメージ

2.皮脂詰まり

クレンジングシートの使用
クレンジング不足

皮脂詰まりはこれらが主な原因。

主にこの2つが鼻の黒ずみにつながっています。

特に毛穴の皮脂詰まりは鼻の黒ずみを作ってしまう大きな原因です。

 

鼻の黒ずみが取れない原因と行動

洗顔

鼻の黒ずみを作ってしまう角栓ができてしまった場合いくら洗顔をしても意味がありません。

洗顔は表面の汚れを落とすことしかできません。

毛穴の黒ずみになる前に洗顔をしておくことで予防する事はできましたが、黒ずみになってしまった場合洗顔をしても無駄ということです。

毛穴パック

毛穴パックは鼻の黒ずみの原因である角栓を取り除くことができます。

その原理は毛穴パックの強い粘着が角栓に強く吸着し、引き抜くというもの。

しかしこれは一見綺麗に角栓が取れて鼻の黒ずみが解消できるように思えますが、実はあまり良くないのです。

というのも、毛穴パックは角栓の全体を取りきれていない可能性があるからです。

たとえば角栓の半分だけを引き抜くことだけに成功した場合、その半分以下はまだ毛穴の底に残ったままです。

ですから、毛穴パックで根本的な鼻の黒ずみや角栓を改善できるわけではありません。

綿棒で絡め取る

よくある方法で、綿棒にクレンジングをなじませクルクルっと回すようにする事で鼻の黒ずみや角栓を絡め取ることができると言われています。

しかしこれもさきほどの毛穴パックと同様、角栓を毛穴の奥からとっているわけではありません。

絡め取れるように思えても、それは綿棒でなぞった表面だけの毛穴汚れ。

綿棒での鼻の黒ずみケアもあまりおすすめできないのです。

ココナッツオイルクレンジング

ココナッツオイルでメイク落としをする事はできますが、この方法はあまりおすすめできません。

ココナッツオイルはあくまでも食用なので洗浄力は弱いです。

さらに、美容効果を見込むこともできないので、鼻の黒ずみ対策にはなりません。

関連記事>>>ココナッツオイルでメイク落としは可能?美容効果はある?

 

これらの方法では鼻の黒ずみを取ることはできません。
あなたの鼻の黒ずみが改善しない方法は上記の方法を実践していたことが原因です。

では、鼻の黒ずみを取るためにどのようにしていけばよいのでしょうか。

 

鼻の黒ずみ改善なら専用クレンジングで

洗浄を目的とした専用クレンジングなら鼻の黒ずみを簡単に解消する事ができます。

ここで示しているクレンジングは市販の洗浄力が弱く美容成分の少ないクレンジングではありません。

しっかりと鼻の黒ずみや角栓を絡め取ることができるクレンジングの事を指します。

それにはしっかりと鼻の皮膚を傷めずに黒ずみに吸着するクレンジングが必要です。

 

鼻の黒ずみ改善ならリ・ダーマラボ

リ・ダーマラボは美容液クレンジングと言われるほど美容成分を多く含んでいます。

さらにリ・ダーマラボはこんにゃくスクラブにより肌へのダメージを軽減してくれます。
そしてこんにゃくスクラブの吸着力により鼻の黒ずみ優しく強く吸着する事ができるのです。

鼻の黒ずみ改善なら、専用の美容液クレンジングリ・ダーマラボを使ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です