>>>誰でも簡単に毛穴の汚れを取る方法知ってる?

化粧水が浸透しない原因を教えて?それはたったのこれだけなんです

化粧水を使ってもなかなか浸透しない。

浸透しないから肌がカサカサである。

これは間違いではありませんが、保湿の方法や考え方としては修正しなければなりません。

ここでは、化粧水が浸透しない様々な原因について解説しています。

保湿に重要なのは水分ではなくバリア

結論から言えば、化粧水による保湿は、水分を足すのでは無く、バリア機能を高めるほうが効率よく保湿する事ができます。

その理由は、水分はいくら与えても蒸発してしまいますが、肌に密閉されたバリアを張ることで水分が蒸発しなくなるからです。

ここ重要!
保湿する上で「バリア機能を高める」という考えは非常に重要なので、頭の片隅に置きながら以下の記事を読み進めていってください。

化粧水が浸透しないからといってやってはいけないこと

重ね付けは意味がない

布に水を含ませてみるとわかるのですが、ある一定の量以上水分を含ませることはできません。

肌もこれと同じで、皮膚も水分を含める量の上限があります。

ですから、化粧水を足してもすぐに乾燥してしまうからと言って、何回も重ねづけをしても意味がありません。

そもそも、その化粧水ではすぐに乾燥してしまうのですから、使っている事の意味自体あまりないのです。

それどころか、その化粧水を使うことで余計に乾燥ひどくさせてしまう原因にも…。

関連記事”>>>化粧水を肌に塗ると逆に乾燥する理由を教えて?原因はたったこれだけ

摩擦はNG

化粧水がなかなか浸透せず保湿できないからと言って、ゴシゴシこするのはNG行為。

その理由は、摩擦により肌へのダメージが加わってしまい、肌がスカスカの状態になってしまうからです。

肌がスカスカだと、今まで以上に水分を蓄えることができなくなってしまいます。

それどころか、摩擦は色素沈着を招く原因にもなってしまうので要注意。

色素沈着はシミやそばかすといった状態と同じです。

化粧水を塗る際は優しく塗らなければなりません。

化粧水が浸透しない一番の原因

簡単に言えば、化粧水が浸透しないと思ってしまうのは、保湿できていないだけ。

「化粧水が浸透しない=保湿できない」は同じことを意味しています。

化粧水を塗った瞬間は潤っているので、一時的には浸透していますが、化粧水の成分やあなたの肌の状態から、長い時間保水できないために、なかなか浸透していないように思えてしまうのです。

化粧水が浸透しないその他の原因

さきほどは「化粧水が浸透しない=保湿できない」と説明しましたが、そもそも化粧水自体肌に浸透しにくいもです。

ですが結論から言えば化粧水で保湿する事は可能。

化粧水について理解するためにまずは、化粧水がなかなか浸透しづらい原因について、目を通してみてください。

油分がある

肌には油分があるため、化粧水をはじいてしまいます。

そのため、バシャバシャと化粧水をたくさん塗ったとしても、はじかれてしまいなかなか吸収されません。

かろうじて弾かれなかった化粧水が皮膚に浸透し、一時的に潤いを与えます。

ただし多くの化粧水はすぐに乾燥してしまいます。

古い角質

皮膚は、28日周期で新しく生まれ変わっています。

ただしこれは正常な周期の話。

多くの方は、睡眠不足や過度なメイクでのダメージ、日頃の不摂生などから皮膚の生まれ変わる周期が乱れています。

皮膚が新しく生まれ変わらないと、古い皮膚が残ったまま。

古い皮膚は固くボロボロなのでうまく化粧水を浸透させることができません。

それとは逆に、新しい皮膚はやわらかく水分を吸収しやすいので、上手に化粧水を浸透させることができます。

ただし、その上にはバリア機能が働いているので、化粧水ははじいてしまいます。

以下の記事を順番に読み進めていくことで、このバリア機能を通過し、上手に保湿できる方法を解説しています。

メイク残り

メイク残りは、化粧水が浸透する上で壁となってしまい、化粧水の浸透を妨げます。

それに加え、メイク残りは肌にダメージを与えてしまうため、皮膚の生まれ変わりサイクルを乱す原因にもなるのです。

化粧水を塗るタイミング

化粧水にも浸透しやすいタイミングがあります。

それはお風呂上がりの、汚れや余計な皮脂が取れた状態であるお風呂上がりです。

もう少し詳しく言えば、お風呂上がりで外出する事がない就寝前が一番化粧水が浸透しやすいタイミング。

関連記事>>>化粧水を塗るタイミングはいつ?保湿効果を高めるために塗る順番を覚えよう

バリア機能があるため

肌には様々なダメージを防ぐためのバリア機能が備わっています。

要するに、外からくる刺激や物質を肌から守るためにこのバリア機能があるのです。

肌にバリア機能が働いているため、水分を足そうとしても、このバリア機能が水分を弾いてしまいます。

一見、このバリア機能を保湿する上で邪魔な存在に思えますが、バリア機能は保湿する上において非常に重要な役割を担っているのです。

バリア機能こそセラミドの正体

肌にあるセラミドは強いバリア機能を持っています。

 

セラミドとは?

セラミドがある肌は、キメが細かいです。

逆にセラミドが足りていない肌はカサカサの乾燥肌。

 

セラミドがあってもセラミドが足りなくても、どっちみち通常の化粧水ではうまく浸透させることができません。

肌にセラミドがある場合は、バリア機能により水分をうまく吸収する事ができません。

肌にセラミドがない場合は、隙間が多く水分を足してもすぐに蒸発、乾燥してしまうからです。

キレイな肌ほど化粧水は「浸透しない」

水分をこまめに足さなければならない肌は、セラミドがなく肌の隙間がスカスカでカサカサの肌。

それとは逆に、水分量を保てる肌というのは、言ってしまえば美肌の事を指します。

 

あの頃の肌は…。

若いときの肌はお風呂上りには、肌に水滴ができるように水をはじいていました。

水をはじくというのは、バリア機能が働いている証拠です。

これはセラミドが充実していて、キメが細かく、さらに肌の水分量が十分である状態。

 

 

セラミドが多くバリア機能が充実している肌は水分を弾くのです。

つまり、綺麗な肌ほど水分は浸透しません。

水分が浸透しなければ、保湿ができないイメージを持ってしまうかもしれませんが、実はその真逆。

水を弾くのは完全に保湿できている証拠[なのです。

 

注意

脂がギトギトで、たくさんのメイク残りによる水分の弾きは、保湿されているとは別の水分の弾き方なのでご注意ください。

保湿に重要なのは水分ではなくバリア

カサカサ肌の方ほど、化粧水で水分を足さなければならないという固定観念にとらわれています。

別に化粧水で水分を浸透させて保湿する必要ありません。

ここ重要!
保湿に重要なのは水分を足すことではなく、バリア機能を充実させることなのです。

バリア機能とは、さきほどからいっているセラミドの事を指します。

セラミドがいっぱいあれば、肌は密閉されている状態。

この密閉状態は、肌の内側の水分を絶対に逃しません。

さらに、外からの刺激を完全にシャットアウトしています。

セラミドたっぷりの肌が外からの水分を弾くのは、バリア機能の充実によるものです。

大事なことなのでもう一度言います。

保湿するには水分を足すのではなく、バリア機能の充実。

肌の水分量を増やすにはセラミドによるバリア機能が最重要なのです。

 

浸透しないと悩むなら

ですから、「浸透しない水分を足すためだけの化粧水」はもう必要ありません。

今からは「セラミドを作るための化粧水」を使用していかなければならないのです。

 

セラミドを作るための化粧水は、内側からセラミドを作り出し、肌の隙間を埋めてくれます。

セラミドがたくさんの肌になることができれば、水分を足す化粧水を使って、「全然化粧水が浸透しない…。」というムダな悩みを抱えなくて済むのです。

では、セラミドを作るための化粧水とは一体どの化粧水を使用すればよいのでしょうか?

お米の化粧水なら!

お米の化粧水なら、肌の内側からセラミドを作ることができます。

なぜお米の化粧水は、肌の内側のセラミドを増やすことができるのかというと、ライスパワーNo.11という成分が含まれているからです。

 

ライスパワーNo.11とは?

ライスパワーNo.11という成分は、セラミドを増やし乾燥肌改善効果を日本で唯一認められた成分。

 

これにより、あなたのカサカサの肌は改善し、わざわざ化粧水で水分を足す必要がなくなるのです。

セラミドたっぷりの肌で、内側の水分を絶対に逃しませんから。

お米の化粧水に含まれるライスパワーNo.11なら、若かりし頃のあのピチピチとした水を弾く肌を簡単に取り戻すことができるのです。

お米の化粧水はライースリペアがおすすめ

ライースリペアはお米由来の化粧水で、ライスパワーNo.11を含んでいます。

 

ライースリペアのおすすめポイント

ライースリペアの場合は通常のライスパワーNo.11ではありません。

ライースリペア独自の改良が施されたライスパワーNo.11が含まれているのです。

 

通常は、油分や様々なバリア機能により、化粧水の成分ははじかれてしまいます。

ですがライースリペアは、独自改良により、様々なバリア機能をかいくぐり、肌の奥までライスパワーNo.11を届けることが可能なんです。

その結果、肌の奥からセラミドを増やすことができ、隙間の無い綺麗なキメの細かい肌を手に入れることができます。

ライスパワーNo.11に独自改良を施してあるのはライースリペアだけ。

管理人もライースリペアを使用しています!

これを使えば

  • 化粧水が浸透しない。
  • 化粧水を使っても乾燥する。
  • 時間が経つと肌がカサカサになる。

という悩みをすぐに解決する事ができます。

ライースリペアのトライアルセットを使い切る頃には、肌の変化に確実に気づくことができるでしょう。

化粧水が浸透しないと悩んでいる方は、今すぐ水分を出す化粧水の使用をやめましょう。

あなたがやるべきこと

肌の内側からセラミドを生成し、バリア機能を高め、肌の保水力を上げる方向にシフトしてください。

それにはライースリペアが一番効果的。

今ならトライアルセットでお得に購入する事ができるので一度お試しください。

ライースリペアの正規販売店へ

お米の化粧水は様々な種類があります。

一番のおすすめはライースリペアですが、その他のお米の化粧水にもいろいろな特徴があります。

もっといろいろなお米の化粧水が見てみたい方は、以下の記事でお米の化粧水のおすすめランキングを紹介しています。

あわせて読みたい記事>>>【お米の化粧水おすすめランキング】最もライスパワーの優れたお米の化粧水がここにある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です