>>>誰でも簡単に毛穴の汚れを取る方法知ってる?

ワセリン・ベビーオイル・オリーブオイルでメイク落としをしてもイイの?

あなたは普段何でクレンジングをしていますか?

もちろん、メイク落としとして販売されているクレンジングを使用していますね。

実はワセリンやベビーオイルオリーブオイルなどでもメイク落としをする事ができるのです。

「クレンジング」ではなく、ワセリンやベビーオイルなどでメイク落としをするのは何だか肌に良さそうな気がしますよね。

本記事ではヴァセリンやベビーオイルオリーブオイルでメイク落としをしても大丈夫なのかについて解説していきます。

ベビーオイルなどでメイクを落とす方法

手のひらに適量のオイルを垂らしそれをクレンジングとして顔に塗る。

たったのこれだけでメイクを落とすことができます。

ベビーオイルやワセリンなどでメイクを落とす方法を解説しましたが、ココナッツオイルでもメイクを落とすことができます。

ココナッツオイルでのメイク落としは、美容効果があるなどと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

以下の記事で解説しています。

関連記事>>>ココナッツオイルでメイク落としは可能?美容効果はある?

 

ワセリンやベビーオイルでメイク落としをしてもイイ?

おすすめできない

クレンジングが販売されているのには理由があります。
それはしっかりとメイクや汚れを落とすため。

しかしワセリンやベビーオイルなどはメイク落としをするために作られているわけではありません。

これは様々な悪影響を及ぼすので、これらでメイク落としをするのはオススメできないのです。

洗浄力が弱い

ワセリンやベビーオイルそしてオリーブオイルでクレンジングする行為は、洗浄力が弱いのでオススメできません。

洗浄力が弱いとメイク残りが発生し、肌を痛めてしまいます。

また、ウォータープルーフメイクを多用している方がいるかと思いますが、オリーブオイルなどの洗浄力ではウォータープルーフのメイクを綺麗に落としきることはできません。

 

油分が残る

オイルでクレンジングをした後は、必ず油分が残ります。
人間は皮脂という脂を分泌しているので、それに加え、ワセリンの油残りが加わってしまうと、過剰な油分になってしまいます。

過剰油分はニキビや肌荒れの原因となるので、焦りやベビーオイルでのメイク落としはオススメできないのです。

しっとりするのは保湿できている?

ワセリンやベビーオイルでメイク落としたあとしっとりするからといってそのまま放置していませんか?

これは上記でも説明したように過剰譲って油分になっている証拠。

ワセリンやオリーブオイルはご存知の通り油(オイル)。
市販されているオイルクレンジングでさえもその後は洗顔が推奨されているように、油を取らなければならないのです。

脂が残っていると毛穴の中に残っているメイクにバリアをして余計に取りにくくしてしまうので、肌の黒ずみの原因にもなります。

代用で使うならOK

皮脂の分泌が足りないということで、ワセリンを肌に塗るという場合なら良いのですが、クレンジングとして使用するのはやめましょう。

ワセリンやオリーブオイルそしてベビーオイルでクレンジングをしても良いときは、いつも使っているクレンジングを切らしている時だけにしてください。

あくまでクレンジングの代用の範囲を超えないようにしましょう。

クレンジングに美容効果を求めるならリ・ダーマラボ

リ・ダーマラボは美容液クレンジングと言われるほど、メイクを綺麗に落としながらも美容効果を得ることができます。

その理由はリ・ダーマラボは99.3%の美容成分を含んでいるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です